需要のある小規模保育事業|フランチャイズで独立開業しよう

メンズ

初期投資の費用が安い

勉強する人

フランチャイズ営業を行なう店の中でも、最も人気のある業種といえば塾が挙げられます。ラーメン店やコンビニエンスストアなどと比べ、塾によるフランチャイズ営業は設備投資の額が少額で済むので、費用の負担なく運営を行なうことができます。塾で必要な設備といえば、黒板と生徒が座る椅子や机、事務作業をする講師の机や、エアコンなどの空調だけで済みます。テキスト代は生徒の親に請求すればよいので、すぐに費用は回収できるのです。一方でラーメン店などの飲食店となると、塾と同じくお客さんに使ってもらう椅子や机、空調設備のほか、高額な厨房機器を導入しなければなりません。食品を保管する大型冷蔵庫や、鍋やフライパンでの調理を一度にできる複数のコンロ、大型の食器乾燥機など、塾に比べると導入しなければならない設備が数多くあります。そのためラーメン店などを開業するとなると、たくさんの初期投資による費用が必要となり、その分費用ローンなどの費用負担が重くのしかかります。塾であればローンの負担もラーメン店に比べれば軽くなるので、多くの企業がフランチャイズによる塾経営を行なっているのです。

塾を経営するためには、いわゆる「カリスマ講師」を用意することが重要となります。多くの子供は勉強嫌いです。そのため、テキスト通りにカリキュラムを進めたとしても、子供側に勉強をする意欲がないので塾に通わせても効率的に学んではくれないのです。子供と楽しく会話をしながら勉強をする講師を一人でも用意すれば、子供の勉強意欲も高まるので、子供一人一人の成績を伸ばすことができます。こうした講師が一人でもいれば、フランチャイズ経営をする塾の評判も上がります。塾に通わせようとする親の多くは母親なので、人気の塾講師を配置すれば、ママ友によるネットワークにより人気の塾となるでしょう。

Copyright© 2016 需要のある小規模保育事業|フランチャイズで独立開業しようAll Rights Reserved.