需要のある小規模保育事業|フランチャイズで独立開業しよう

レディ

初期投資の費用が安い

勉強する人

ラーメン店などとは異なり、塾のフランチャイズ経営は設備投資による費用が安いので、ローンによる重い負担を抱えずに開業できます。子供に好かれる講師を配置することで、すぐに評判の塾となるでしょう。

» もっと知ろう

人材確保も簡単にできる

会議

海外で成長が著しいインドネシアは、日本国内の多くの企業が注目する消費マーケットの大きな地域です。インドネシア進出支援サービスを受けることで、現地での契約や人材確保といったことをスムーズに行なえます。

» もっと知ろう

低リスクで開業できる

会社

何のノウハウも持たない人が、独立開業をするとなると非常にリスクが大きいため問題となります。しかし、フランチャイズ契約によってお店を開業すれば、お店の経営におけるノウハウを指導員から直接学べるので、すぐに店を切り盛りできるようになります。

» もっと知ろう

オススメサイト

  • 保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ

    小規模保育事業の情報サイトがこちらになります。無料コンサルも依頼できる野江ぜひチェックしてみましょう。

安定した経営ができる

女性と子供

現在国内で大きな問題となっているのが、待機児童に関する問題です。この待機児童とは、保育園へ申請したにも関わらず、定員オーバーによって保育園に入れない子供を指しています。保育園に入れなければ、親は引き続き自宅で子供の世話を行なわなければならなくなり、仕事を行なう上で大きな問題となるでしょう。また、保育園は子供の心を育てる場所ともなります。同じ保育園に入園しているたくさんのお友達と触れ合うことで、人との付き合い方を学んでいくことができます。小学校に入るまで誰とも関わらず、家の中で育てていると、小学校に入った時に相手との関わり方がわからず、他の子供から距離を置かれたり、いじめにあったりする可能性もあるため、多くの親はなんとしても子供も幼稚園へ入れたいと考えるのです。ビジネスを行なう上で重要なのは、時代ごとのニーズを把握し、いち早くニーズに応える体制を築くことです。待機児童問題を解消するため、小規模保育事業を打ち立てることで、たくさんの収入を得ることができるでしょう。

小規模保育事業を行なうメリットは、なんといっても安定した経営を行なうことができるという点にあります。現在では少子高齢化が著しいとされており、保育園の経営はうまみがないのでは、と考える人もいるでしょう。しかし実際は逆なのです。少子高齢化によって若い世代に税金などの負担が増えたことで、共働き世帯が急増しており、その結果保育園に子供を預けたいとする家庭が多いのです。カフェなどの店舗を経営するとなると、客入りを考えて立地条件なども考えなければなりませんが、小規模保育事業であれば、子供を安全に預かれるスペースさえあれば立地などは関係なく設置できます。保育事業をしていることを大々的に告知すれば、認可保育園に落ちた親が次々とやってきてくれるので、安定した利益を得ることができるのです。

Copyright© 2016 需要のある小規模保育事業|フランチャイズで独立開業しようAll Rights Reserved.